マウスピース矯正

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは薄く透明なマウスピースを装着して

歯並びを直す方法です。
型の違う新しいマウスピースを数週間ごとに取り替え、
歯を徐々に移動させます。

マウスピース矯正には様々な種類がありますが、
当院では「インビザライン」や「ストレートライン」「イークライナー」などのマウスピース矯正装置
を採用しております。
患者様のお口の状態や治療期間・費用などご希望に合った治療方法をご提案いたします。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正

マウスピース矯正の特徴
●メリット
矯正器具が目立たない
従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、マウスピースは薄く透明なので、歯につけていても目立たないのが大きな特長です。人前で話す機会の多い方にも、安心して矯正治療を受けていただけます。
歯茎までの薄くなめらかな装置なのでしゃべりづらさや発音障害がありません。接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。
装着時の不快感が少ない・違和感・痛みが少ない
金属ワイヤーとブラケットを使用しないため、装置が粘膜や舌へあたる痛みや、それによる口内炎が生じることはありません。
新しいマウスピースに交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)があるかもしれませんが、まもなく慣れてしまいます。また、咬んだ時にマウスピース全体に力が分散するため、動かしている歯の痛みをほとんど感じません。
清潔な器具・取り外せる
従来のワイヤータイプの矯正装置と違い、食事の時にマウスピースを取り外せるので、普段と変わらない食事が楽しめます。
従来の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。
マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。
従来の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。また、マウスピースは歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。
金属アレルギーの方も矯正治療の可能
ブラケットと異なり金属を使用しませんので、金属アレルギーの方でも矯正治療の可能性が広がります。
透明マウスピースはプラスティック製のため、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

●デメリット
  • 難しい症例の場合、マウスピース矯正だけでは対応できないケースがあります。
  • 簡単に取り外しができる一方、毎日17~20時間以上装着しないと充分な効果が得られません。
    そのためには本人の努力が不可欠です。