スピード矯正

当院での矯正が短期間で終了する理由

最新技術である
1. セルフライゲーションシステム
2. マルチループアーチワイヤー(MEAW)
3. オーダーメード舌側矯正とインプラント矯正
で、非抜歯・スピード矯正を可能に!

1.セルフライゲーションシステム

痛みが少なく、早く動く!新しい矯正装置〜
1.矯正の歴史を変えるブラケットの誕生

矯正の歴史を変えるブラケットの誕生1990年代半ば、アメリカのデュイット・デーモン博士が新しい仕組みによる矯正装置を開発しました。
のちにアメリカで一大ブームを起こす「デーモンシステム」です。
この矯正装置の仕組みは「ローフォース・ローフリクション」と呼ばれ、それまでにはない画期的な歯の動きを実現するものでした。
そしてこのローフォース・ローフリクション・テクニックを用いた矯正方法のことを「セルフライゲーション矯正」と呼びます。

2.ローフォース・ローフリクションとは

ローフォース・ローフリクションとはローフォース・ローフリクション(Low-force, Low-friction)とは「少ない力・少ない摩擦」という意味です。

「装置をしっかり歯に固定し、強く引っ張って歯を動かす」という
それまでの歯科矯正の常識だった概念を根底から覆した、画期的な仕組みです。
これにより既存装置に比べ、痛みが軽減される、歯が動くのが速いなどのメリットが挙げられます。

3.セルフライゲーションブラケットとは

セルフライゲーションブラケットとは ローフォース・ローフリクション・テクニックを実現する矯正装置が「セルフライゲーションブラケット」です。

歯にブラケットを一つずつ取り付け、それにワイヤーを通すという構造や見た目は従来の装置と大差ないのですが、その留め方や力のかかり具合いに大きな違いがあります。

セルフライゲーション(self-ligation)とは「自ら結紮(※)する」という意味で、それまで矯正装置に不可欠だったワイヤーと歯を固定する結紮リングやゴムを使用しないことを示しています。

セルフライゲーションブラケットは現在、デーモン博士の開発した「デーモンシステム」のほか日本の「クリッピー」などが代表的です。当院ではクリッピーCを採用しています。
優しい力で矯正が行える装置で、矯正時の痛みを軽減します。

※結紮(けっさつ)とは:主に医療用語で「結ぶ」「縛る」という意味です。矯正歯科においては、ワイヤーを固定するためにゴムやリングなどをブラケットに留めることを指します。セルフライゲーションブラケットではこの結紮が必要ありません。

2.マルチループアーチワイヤー(MEAW)

MEAWとは、MultiloopEdgewiseArchWireという英語の頭文字をとったものです。

〜早く一度に動く!新しい矯正方法〜

meawこのMEAWは、ループを使って自由に歯を動かすことができるワイヤーで、従来の一本一本歯を動かしていたワイヤーに比べ自由度が高くなります。
また、この治療法に、オーストリア咬合というかみ合わせの概念を組み合わせることにより、顎の位置をダイナミックに動かすことが出来るようになりスピード矯正を実現しました。また、その他に多くの利点があります。

利点

1. 歯を抜かずに矯正治療ができる。(親知らずを除く)

2. 従来の矯正治療に比べて治療期間が短い。(従来の約1/3〜1/2に短縮)

3. 今までの矯正と違い、見た目だけでなく噛み合わせのバランスを整えることができる。

ぜこのように従来の方法と大きな違いがあるのでしょうか。

1、なぜ
歯を抜かずに矯正治療を行なえるのか?(親知らずを除く)

従来の矯正治療では、歯が重なってガタガタになってしまっている場合、
歯が並びきらないという理由
から生えている歯の中間にある歯(前から4番目もしくは 5番目の歯)を
上下左右4本
抜いてしまいます。
これはただ単に“並ばない”という単純な理由からです。

しかし人間にとって始めからいらない歯というのはありません。
すべての歯にそれぞれの役割があります。
ですから抜いて治療するよりも、人間の本来持っている正常な状態にしてあげることこそが、
治療になります。

例外として、親知らずは、現代人の顎の大きさから生えない歯、生えきらない歯になって来ており、
せっかくキレイに並ぶはずの歯並びを、悪くする原因になっています。
親知らずが生え始めて、歯並びが悪くなってきた方も多いのではないでしょうか?

では、なぜセルフライゲーションシステムMEAWを用いた矯正治療では、
親知らず以外の歯を抜かずに治せるのでしょうか?

それは歯が並びきらないなら、単純にその下にある
骨自体を矯正治療をしながら歯が入るように大きくしていく、
また歯を後ろに動かしてすき間をつくってあげるということをしているから
です。
従来の矯正の方法では、このようなことはできませんでした。

しかしこの最新の矯正法使って矯正すれば可能になりました。
それは、特殊な装置とループを使うことで、
歯全体を1本1本ゆっくりと動かしていくことができるため、無理な強い力がかかりません。
だから骨が広がり歯を抜かないですむのです。

2、なぜ従来の矯正治療に比べて治療期間が短いのか?

従来の矯正治療は、大体2.5年から3年、長い人で5年もかかっています。
セルフライゲーションシステムMEAWを用いた場合、大体1年から1.5年、
長い人でも2年程度で終わります。
これは、その人の歯並びの状態によってかわってきます。

この治療期間の大きな違いは、ワイヤーの形の違いです。

MEAWは、ワイヤーの形が歯を動きやすいように1本1本の歯の間にループが入っています。
そのためすべての歯を同時に無駄なく、自由に動かしていくことが可能なのです。
これは、列に並んでいる人が、1人づつ前に動くのと、“せーのっ”で全員でいっぺんに動くのとの違いです。

普通、平均1年で終わります。
もっと期間を短くしたいという場合は、インプラント矯正・コルチコトミ―といった方法を組み合わせることで、
9ヶ月位で終了することができます。

3、なぜ噛み合わせのバランスを整えることができるのか?

これは、治療前の診断・治療方法の違いです。

従来の矯正治療というのは、歯の模型・写真・レントゲンなどの検査をするだけです。
私達はこれに加えて、アキシオグラフの検査を行うことで、顎の本当の位置を知ることができます。
見た目はきれいになっていたとしても、かみ合わせがしっかり合っていないまま、
矯正治療が終了してしまっては意味がありません。

また、従来の方法だと、歯を前後に動かしてガタガタをとるということだけしかできませんでしたが、
私たちの行っているMEAWは前後だけでなく、上下にも動かすことができるため、
全体のバランスを整えることができます。

このように、MEAWとオーストリア咬合を合わせた矯正治療は、非常に多くの利点があります。
今まで、多くの方の治療させていただいて大変喜んでいただいています。

3.オーダーメード舌側矯正とは?

〜まったく新しい無駄のない裏側矯正装置〜

舌側矯正治療(裏側からの矯正治療)は、歯並びやかみ合せの問題を外見上では見えない装置で改善していく治療方法です。舌側矯正治療(裏側からの矯正治療)は、唇側矯正治療(表側からの矯正治療)と比べて、装置の形や、力をかける方法など、様々な点で異なる部分があったために、初期段階では治療結果が悪かったり、治療期間が表側からの矯正治療の2倍もかかったりしました。


ウィヒマン当院採用のIncognito (インコグニート)システム
という舌側矯正治療は舌側矯正の問題点の改善のために、コンピューター解析技術を駆使することによって、患者さんの負担を減らし、短期間のうちに歯をならべることができる画期的な治療システムです。

Incognito (インコグニート)システムは、ドイツのバドエッセンで矯正専門医を開業している、Dr. Wiechmann により2001年より開発され、現在に至るまで毎年改良されて進化しています。現在存在する数多くの舌側矯正治療法の中で最も優れた方法の一つと認められており、現在(2010年)では世界の60カ国で採用されています。


裏側矯正
この完全オーダーメイド矯正装置は、他の既製品であるSTBクリッピーLに比べ、接着面積が広く外れにくい、装置が薄く快適なため、装置のトラブルで無駄に来院回数が増えることが少くなっています。

インプラント矯正との併用で、すべての歯を同時に動かしていくためスピード矯正・非抜歯矯正を実現します。