費用

矯正治療 料金表

診断料
(パノラマレントゲン、CT、口腔内写真、歯形模型等)
無料
保定料 無料

小児矯正

小児矯正治療費

成人矯正

普通矯正 一般的な矯正装置で、すべての方に適応 780,000円
クリア矯正 透明なブラケットを使用した目立ちにくいワイヤー矯正 上顎のみ:
830,000円
全顎:
880,000円
マウスピース矯正
 ・インビザライン
 ・イークライナー
 ・ストレートライン
透明な取り外し式の装置で歯並びを治します。
治療期間・費用などご希望に合った治療方法をご提案いたします
960,000円~
ハーフリンガル矯正 上の歯は裏側に下の歯は表側に矯正装置をつけます。 1,180,000円
下顎クリア:1,230,000円
インコグニート舌側矯正 歯の裏側に装置をつける矯正治療方法です。
ブラケットも、ワイヤーも全てオーダーメイドです。
1,380,000円
部分矯正(プチ矯正) 100,000円〜300,000円

※価格は税抜き価格です。
※インダイレクトボンディングを行なっても加算料金はありません。
※抜歯症例(ミニインプラント込み)上記金額に片顎50,000円加算です。
※調整料は、月々5,000円(税別)です。
※保定料はサービス。
※お支払方法に関する詳しい情報は、歯科矯正専門トリートメントコーディネーターが対応いたします。

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得金額から控除できる制度です。

1年間にかかった治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減されます。

医療費控除の申請には領収書が必要となりますので、医院からもらった領収書を大切に保管してください。

歯の治療に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断

1) 歯の治療は、高価な材料を使用することが多く、保険のきかないケース(自由診療)もあるため、治療代もかなり高額になります。
このような場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。

2) 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。
通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに、金額を記録しておくようにしてください。
公共交通機関などを利用したときは通院費として認められますが、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。

医療費控除を受ける場合の注意事項

1) 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
2) 健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、その補てんの対象とされる医療費から差し引く必要があります。