矯正装置

矯正装置の種類

メタルブラケット (表:金属)
非抜歯 矯正期間約1年

メタルブラケット従来から使用されている、一般的な矯正装置です。
装着自体の大きさが非常に薄く小さい為、装着時の異物感が少ない。
しかし、全て銀色なため、笑った時などに装置が目立ってしまうことが欠点。
金属の特性により薄く壊れる心配がない、もっともリーズナブルな矯正装置です。

クリッピ-C(表:セラミック)
非抜歯 矯正期間約1年

クリッピ-C (表:セラミック)最新の矯正装置です。
セラミックに特殊な薄いシャッターが付いており、審美性が高く、痛みが少ない、
治療期間が短いなどのメリットが多く、治療の質がかなり向上されます。

クリアブラケット(表:プラスティック)
非抜歯 矯正期間約1年半

クリアブラケット(表:プラスティック)現在、一般的に使用されているタイプの矯正装置です。
透明なプラスティックの装置で目立ちにくいのが特徴です。
ワイヤーの滑りが悪く、金属やセラミックの装置に比べ、治療期間が多少かかります。

インコグニート(裏:金)
非抜歯 矯正期間約1年半

インコグニート 裏歯の裏側につけて治療する矯正装置です。
表側からは装置が見えないというメリットがあります。
しかし、表側につける装置に比べ、違和感、発音障害、食べづらさ、歯みがき等の問題がより強く起こります。

当院では、最新の薄い装置をオーダーメイドで作成し問題を改善しました。
ドイツの最新機器により作成されるため、装置の作成に時間が多少かかります。

クリピーL(裏:金属)
非抜歯 矯正期間約2半年

クリッピーL裏側矯正でワイヤーの固定にスライド・クリップを採用したセルフ・ライゲーションタイプの装置です。
ワイヤーの交換が楽になり、患者さんのストレスも軽減されます。
装置の厚みも低くなり、舌側矯正の課題の1つである発音障害も大幅に改善されました。

装置が小さいためにインコグニ―トと比べ外れやすく、治療期間が長くなります。

ハーフリンガル(上:裏金 下:表白)
非抜歯 矯正期間約1年半

ハーフリンガル 表側矯正とリンガル(裏側)矯正を併用した矯正治療です。
上あごの歯は裏側に、下あごの歯は表側に矯正装置をつけて治療する方法です。
一般的に、上の歯の装置の方が目立ちやすくなります。
そこで、このハーフリンガル矯正を用いれば、上あごの歯につける装置は裏側となり目立ちにくくなります。
一方、下あごの歯には、矯正装置を表側につけることで、舌が邪魔をされないため発音しやすくなります。

マウスピース矯正
非抜歯 矯正期間約2年

マウスピース矯正従来のワイヤーで固定する方法とは異なり透明なマウスピース装着型なので、
装着してもほとんど目立たない新しい装置です。

装置が目立たないだけでなく、今まで一回装着すると治療が終わるまで取り外せなかった矯正装置も食事や歯磨きの時に自分で矯正装置を取り外すことが可能ですので、歯磨きが矯正装置に邪魔されずにできるといった衛生面でのメリットがあります。

患者さんの歯並びに合わせて作りますが、ワイヤーを使った矯正のように狙った場所に歯が正確に来ない・症状によって適応しない場合があります。
前歯の部分矯正・前歯が出てもかまわない患者さんや金属アレルギーをお持ちの方に有効的な方法です。
装置は約二週間ごとに歯の動きに合わせて新しく作成します。
食事の時と歯ブラシの時以外は装着します。
ホワイトニングも併用可能です。

裏側矯正・舌側矯正 インコグニート®

見えにくい快適な 裏側矯正 インコグニート®

従来法
インコグニート®とは、ドイツの最新技術により、
患者さんごとにオーダーメイドされたブラケットとアーチワイヤーを製作し、
舌側から矯正治療をおこなうシステムです。
舌側矯正は、矯正装置が見えにくいことが最大のメリットです。
しかし、装置が大きく舌が傷つきやすい・発音しにくいなどの不便さ、扱いにくい裏側から治療をおこなうため、処置時間や治療期間が長引きやすいなどの欠点がありました。
インコグニートは、このような舌側矯正の欠点を改善・克服した、
治療能率の良い、洗練された最新のシステムです。

従来法

●インコグニートの特徴
  • オーダーメイドで非常に薄いデザインなので違和感が少ない。
  • 個々の歯の形状に合った設計・製作を行います。
  • 外からほとんど見えません。
  • 治療期間の短縮が期待できます。特に「出っ歯」の方はお勧めです。
  • 外れるなどの事故による、予定外の治療回数の増加が少ない。

裏側矯正・舌側矯正 クリピーL

見えない快適な裏側矯正 クリッピーL

裏側矯正・舌側矯正 クリピーL矯正装置とワイヤーの固定にシャッター構造を採用した、
セルフライゲーションタイプの装置です。

従来の結紮(けっさつ)線などを使用する場合と比べ摩擦抵抗の少ない装置なので、
弱い持続的な力で歯の移動が可能となり、痛みの軽減が期待できます。

また、ワイヤーの交換が楽なので、ワイヤー交換時の診療時間が短縮され、患者様のストレスも軽減されます。
装置が小さいために同じ裏側矯正のインコグニートと比べ、装置の脱落による急な調整に注意が必要です。

●クリッピーLの特徴
  • 痛みの軽減
  • ブラケットの厚みが低くなり、発音障害を改善
  • ワイヤー交換時の診療時間短縮

セルフライゲーションシステムを使った矯正

セルフライゲーションシステムを使った矯正
〜痛みが少なく、早く動く!新しい矯正装置〜
1.矯正の歴史を変えるブラケットの誕生

矯正の歴史を変えるブラケットの誕生1990年代半ば、アメリカのデュイット・デーモン博士が新しい仕組みによる矯正装置を開発しました。
のちにアメリカで一大ブームを起こす「デーモンシステム」です。
この矯正装置の仕組みは「ローフォース・ローフリクション」と呼ばれ、それまでにはない画期的な歯の動きを実現するものでした。
そしてこのローフォース・ローフリクション・テクニックを用いた矯正方法のことを「セルフライゲーション矯正」と呼びます。

2.ローフォース・ローフリクションとは

ローフォース・ローフリクションとはローフォース・ローフリクション(Low-force, Low-friction)とは「少ない力・少ない摩擦」という意味です。

「装置をしっかり歯に固定し、強く引っ張って歯を動かす」という
それまでの歯科矯正の常識だった概念を根底から覆した、画期的な仕組みです。
これにより既存装置に比べ、痛みが軽減される、歯が動くのが速いなどのメリットが挙げられます。

3.セルフライゲーションブラケットとは

セルフライゲーションブラケットとは ローフォース・ローフリクション・テクニックを実現する矯正装置が「セルフライゲーションブラケット」です。

歯にブラケットを一つずつ取り付け、それにワイヤーを通すという構造や見た目は従来の装置と大差ないのですが、その留め方や力のかかり具合いに大きな違いがあります。

セルフライゲーション(self-ligation)とは「自ら結紮(※)する」という意味で、それまで矯正装置に不可欠だったワイヤーと歯を固定する結紮リングやゴムを使用しないことを示しています。

セルフライゲーションブラケットは現在、デーモン博士の開発した「デーモンシステム」のほか日本の「クリッピー」などが代表的です。当院ではクリッピーCを採用しています。
優しい力で矯正が行える装置で、矯正時の痛みを軽減します。

※結紮(けっさつ)とは:主に医療用語で「結ぶ」「縛る」という意味です。矯正歯科においては、ワイヤーを固定するためにゴムやリングなどをブラケットに留めることを指します。セルフライゲーションブラケットではこの結紮が必要ありません。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは薄く透明なマウスピースを装着して歯並びを直す方法です。
型の違う新しいマウスピースを数週間ごとに取り替え、歯を徐々に移動させます。

マウスピース矯正には様々な種類がありますが、当院では「インビザライン」や「ストレートライン」「イークライナー」などのマウスピース矯正装置を採用しております。
患者様のお口の状態や治療期間・費用などご希望に合った治療方法をご提案いたします。

矯正装置の違いによるメリットとデメリット

  表側の装置 裏側の装置 取り外し式
発音 ほとんど問題ありません。多少の違和感を感じる場合でも2週間位で慣れることが多い。 違和感と発音のしづらさを感じますが、個人差はあるものの2週間位で慣れることが多い。 違和感と発音のしづらさを感じますが、個人差はあるものの2週間位で慣れることが多い。
口内炎 頬に口内炎ができる事がありますが、通常は2週間位で慣れてしまいます。当院では予防にワックスをお渡ししています。 装置が舌があたり、舌に口内炎ができることがあります。発音同様、慣れには2週間位かかります。当院では、予防にワックスをお渡ししております。 装置が頬・舌があたり、あとがつく事があります。発音同様、慣れには2週間位かかる事もあります。
見た目 金属は目立ちます。白・透明は目立ちにくいですが、ワイヤーがみえます。 口を閉じた状態で表側からは見えません。表から白い突起・ゴムを使用することがあります。 マウスピースは光の加減で光って見えることがあります。床装置は表のワイヤーが見えます。
食事について 装置装着の当初は硬い物が食べづらい等がありますが1ヶ月位で慣れることが多いです。 表側に比べ、さらに装置装着の当初は食べづらさがあるかもしれませんが、やはり1ヶ月位で慣れることが多いです。 装置を取り外した直後は食べづらさを感じますが感じますが、5分くらいで慣れてきます。
治療の期間 当院ではあまり差はありません。 通常、普通の矯正の2倍以上かかります。
費用 材料費や毎回の治療時間の違いから、裏側の装置は、表側の装置より費用がかかります。 調整回数が多いため、表の装置より費用がかかります。
仕上がり 出っ歯の方は裏側が、受け口の方は表の方が仕上がりが良いことが多いです。 微妙な調整は不得意です。おおざっぱに並んでしまいます。
歯みがき 裏側の装置の方が磨きづらいために汚れが残りやすいです。そのため、歯肉炎が起きやすくなります。しかし、表側でも裏側でも同じように汚れが残っている場合では、唾液の作用により歯の裏側の方が虫歯になり難く、装置の跡が目立ちません。 普段と同じく快適に磨けます。