口が開いている

上下の歯を閉じられない【開咬(かいこう)】

【どんな症状?】

上下の歯を閉じられない【開咬(かいこう)】開咬(かいこう)とは、奥歯を合わせて上下の歯を咬みあわせた時、前歯部分にすきまができて、前から見た時に閉じない状態を言います。
「オープンバイト」とも呼ばれます。いつも口が開いている状態になるので、だらしない印象を与えてしまうことも。
また口腔内が乾燥しやすいため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

【原因は?】
●遺伝性の場合

開咬はアゴ先が細くとがった形をしています。お子様でこの特徴にあてはまる方の場合、ご両親のどちらかが同じようなアゴの形をしている場合が多く、骨格の遺伝が原因のひとつと考えられます。

●幼少期のクセ

乳歯が生え、それが抜け落ちて永久歯が生える、乳幼児期から児童期、お口の中は劇的に変化を遂げます。口腔環境においては非常に大切な時期にあたりますが、その間に長く指しゃぶりをしたり、舌で前歯を押したり、生活習慣のクセが開咬の原因になることもあります。

●日常生活のクセ

大人になっても、いつも同じ方ばかりに頬杖をつく、片側だけで食事をするなどのクセがある場合、アゴが変形することで歯が閉じにくくなることもあります。

●口呼吸

鼻づまりや鼻炎など、鼻に疾患をお持ちの方の場合、無意識のうちに口呼吸になっている場合があります。
口呼吸を長く続けることで、唇や口腔内の筋肉のバランスが悪くなって口が閉じにくくなり、開咬になる場合もあります。

【そのままにしておくとどうなる?】
●食べ物を前歯で噛みきれない

開咬の症状の方は、前歯を使って、食べ物をかみ切ることが難しいため、横の歯を使うクセがつきます。
また奥歯をよく使うため、顎関節にストレスがかかりやすくなります。

●言葉が不明瞭になることも

歯を上下に閉じられないため、歯と歯の間から音が漏れるようになって発音しにくく、言葉が不明瞭になることもあります。

●虫歯や歯周病リスクが高まる

前歯が上下に開いていることで、口が閉じにくく、いつも口が半分開いた状態になります。
そのため、口腔内が乾燥しやすく、唾液分泌量が減少するため、衛生状態が悪くなります。結果、虫歯や歯周病リスクが高まります。

【治療はどのようにするの?】
●ワイヤー矯正

開咬の場合、ほとんどの症例で抜歯をしてから矯正治療を行うことで、症状を改善することが可能です。歯の表側にブラケットを装着してワイヤーを通し、力を調整しながら、徐々に歯列を整える一般的な方法です。
調度よい力がワイヤーに加わるように、矯正装置にゴムをプラスすることもあります。

●舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

一般的な矯正装置に抵抗感のある方におすすめなのが、歯の裏側に装置を取り付ける方法です。
矯正装置が表からは見えませんが、治療効果はほぼ同じです。期間と費用が高くなることもあります。

●矯正治療+外科手術

アゴの骨格から矯正する必要がある場合は、矯正治療に外科手術が併用されます。
この場合は、2~3週間の入院を伴う場合もあるので、計画的に治療に取り組む必要があります。
「顎変形症」と診断された場合は、手術に保険が適用されます。外科手術前に一度、手術に向けての矯正を行い、外科手術でアゴのズレを治療します。その後、本格的な歯列矯正を行います。

●生活習慣のトレーニング

矯正治療、外科手術とあわせて行う必要があるのが、舌のクセなどを取り除くトレーニングです。
クセにあわせた器具を使って、口腔内の筋肉や舌をトレーニングすることで、美しい歯列を維持できるようにします。
キレイに整った歯ならびを長く維持していくためのトレーニングです。