八重歯

八重歯【乱杭歯】

八重歯【乱杭歯】笑った時に犬歯がキバのようにのぞく「八重歯」は、「乱杭歯」の症状のひとつ。糸切り歯とも呼ばれる犬歯が、他の歯と重なって歯列から突き出している状態です。
八重歯は日本ではチャームポイントのひとつとして、かわいいものと考える人もいますが、欧米では「ドラキュラのよう」と嫌われることも多く、昨今のグローバル化の中、日本での価値観も変わりつつあります。
ビジネスシーンでの影響を考えて、大人になって矯正する人も増えています。

原因は?
●生え変わり期のタイミング

口腔内で劇的な変化が起こる、乳歯から永久歯への生え変わり期。
あごの大きさに対して、適切なサイズの歯が順序よくきれいに生えることの方がまれで、早かったり、遅かったり、大きすぎたり小さすぎたりと、理想通りにはいきません。歯にはすき間があれば動くという性質もあります。
生え変わり期にバランスよく永久歯が納まらず、スペースが少なくなった部分ではみ出してしまったものが八重歯です。

そのままにしておくとどうなるの?
●虫歯や歯肉炎のリスクが高まる

歯が重なっている部分は、歯を磨くときに歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすくなります。
そのため細菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病リスクが高まることに。八重歯で唇や頬の内側に傷を作ってしまうこともあり、口内炎になることもあります。

●見た目の印象

「八重歯がチャームポイント」とは、日本独特の感じ方です。欧米では「キバみたいで、ドラキュラのようい」など、印象はよくありません。
にっこり笑った時に、お口元で歯がデコボコしているのは、あまり見栄えもよくなく、見た目を気にする人も多いようです。

治療はどのようにするの?
●ブラケット+ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットを装着し、ワイヤーを通して、徐々に力を加えて歯を中央へと移動させていきます。
一般的によく知られている矯正方法です。八重歯を納めるスペースがない場合は、全体のバランスを見て抜歯を行い、スペースを確保することもあります。

●部分矯正

症例によっては、八重歯を中心に気になる部分へ矯正装置をつけて移動させる部分矯正も可能です。
お口全体を矯正する場合と比べて、治療費用が抑えられ、期間が短くなります。すべての八重歯で適用できるとは限りません。

●舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

一般的な矯正装置を付けていることが見た目に気になる、抵抗感がある方におすすめなのが、歯の裏側に装置を取り付ける方法です。
矯正装置が表からは見えませんが、治療効果はほぼ同じです。表側に矯正装置を付ける場合より、期間と費用が高くなる場合があります。