かみ合わせが悪い

かみ合わせが悪い【交叉咬合(こうさこうごう)】

どんな症状?

かみ合わせが悪い【交叉咬合(こうさこうごう)】通常は上あごが下あごを覆うようにバランスよくかみあっているのですが、交叉咬合の場合、上下かみ合わせた時に、一部分で下の歯列が出て、反対の状態になっています。
「すれ違い咬合」「クロスバイト」とも呼ばれます。かみ合わせが悪いために、歯並びの中心がずれることもあり、お顔の印象にも影響を与えます。

原因は?
●上下のあごのバランスが悪い

乳歯から永久歯へ生え変わる時期のタイミングなどもありますが、上下のあごのバランスが悪かったり、あごの骨にそのものにずれがあったりする場合、かみ合わせが悪くなり、交叉咬合の症状が出ます。
また歯並びのゆがみによって、交叉してしまうことも。

●日常生活の習慣やクセ

長く指しゃぶりをしていた、舌で下の歯を強く押すクセがあるといった幼少期のクセが、歯並びを悪くすることも。
またいつも同じ側で頬杖をつく、片側だけで食べ物を咀嚼するなどのクセも年月を経て、歯並びを悪くしてしまします。

そのままにしておくとどうなるの?
●顎関節症になりやすい

かみ合わせのバランスが崩れているため、あごの骨の成長に影響することがあります。
顎関節に負担がかかるかみ合わせのままにしておくと、顎関節症につながることも。またかみ合わせが悪いままにしておくと、慢性的な頭痛や肩こり、腰痛などの症状に出ることもあると考えられています。

●虫歯や歯肉炎のリスクが高まる

かみ合わせが悪いことで、歯磨きをするときに、歯ブラシがあたりにくい場所ができることがあります。
磨き残した汚れによって虫歯リスクが高まったり、歯肉炎になったりします。

●見た目の印象

上あごと下あごのずれからかみ合わせが悪い場合、歯並びの中心がずれてしまうことがあり、笑った時などにお顔全体のバランスに影響します。

治療はどのようにするの?
●ブラケット+ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットを装着し、ワイヤーを通して、徐々に力を加えて歯並びとかみ合わせのバランスを整えていきます。
上下の歯ならびやあごの形にずれがある場合は、全体のバランスを見ながらワイヤーでひっぱって、歯を動かしていきます。難症例もありますが、根気よく治療を続けることが大切です。

●矯正装置+外科手術

矯正装置だけでは、治療が難しい場合、外科的手術をさらに行うことでより効果的になることもあります。
とくに上下のあごが大きくずれている場合は、バランスを整えるために外科手術を行うことが多いです。最終的にはもう一度、装置を着用して、調整を行います。