歯並びが悪い

歯並びが悪い【叢生(そうせい)】

どんな症状?

歯並びが悪い【叢生(そうせい)】歯並びが悪い、デコボコしている、ガタガタしている、これらの症状を「叢生(そうせい)」「乱ぐい歯」とも言います。
日本人に多い症状です。歯が大きい、あごが小さすぎるなど、歯とあごの大きさのバランスがよくないことが原因で、歯の列が乱れる、歯と歯が重なる、犬歯(糸切り歯)が突き出ている状態をいいます。
最近は気にする人が増え、矯正を行うケースが増えています。

原因は?
●生え変わり期のタイミング

乳歯から永久歯へ生え変わる時期に、虫歯などの原因で早く抜けてしまったり、永久歯がなかなか出てこなかったりすることで、すき間ができます。歯はすき間があると動くという性質があるため、すき間の両隣にある歯が動いてしまうことがあります。
その場合、後から生えてきた永久歯が収まり切らなくなるため、歯並びが悪くなりがちです。

●あごの大きさと歯のバランスが悪い

もともとあごが小さいために、生えてくる歯が収まらない、またあごの方が大きすぎて、歯と歯の間にすき間ができ、歯が動いてしまうなど、あごの大きさと歯のバランスが原因のひとつです。

そのままにしておくとどうなるの?
●虫歯や歯肉炎、歯周病などのリスクが高まる

歯が重なっている部分は歯ブラシがあたりにくいため、汚れが残りやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
お口の中で細菌が繁殖しやすいために、虫歯などだけでなく、歯肉炎や口臭につながることも。

●見た目の印象に影響

大きく口をあけて笑った時など、歯並びが悪いことで、見た目の印象を気にする方も多いようです。
コンプレックスを感じることを理由に、矯正治療をされる方が増えています。

治療はどのようにするの?
●ブラケット+ワイヤー矯正

全体のバランスを調整するためのスペースがない場合は、抜歯をすることもあります。
歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけて、ワイヤーを通し、重なりやすき間を調整していきます。一般的によく知られている矯正方法です。

●マウスピース矯正

透明のマウスピースを使って行う矯正治療です。ワイヤーを使う矯正より、見た目に目立ちにくいため、注目されています。
段階にあわせてマウスピースを歯列にはめ、理想の歯並びに導いていきます。自分で取り外せるので、食事や歯磨きの時のわずらわしさがありません。ただすべての症例で適用できるとはかぎりません。

●部分矯正

症状によっては、気になる部分だけを部分的に矯正装置を使って整えることが可能です。
移動させる歯と周辺の歯に装置を装着し、歯を真ん中に移動させます。
全体的に矯正装置を着用する場合に比べると治療期間が短く、治療費用も抑えることができます。ただし、すべての症状で可能とは限りません。

●舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

歯の裏側に装置を取り付けて歯並びを調整する方法です。治療効果は表側の矯正装置とほとんど変わりません。
しかし、装置が表に見えませんので、矯正治療中でも安心して口を大きくあけて笑えます。ただし表側装置に比べて、治療期間が長く、費用が高くなる場合があります。