前歯が出ている

前歯が出ている【上顎前突症(じょうがくぜんとっしゅつ)】

どんな症状?

前歯が出ている【上顎前突症(じょうがくぜんとっしゅつ)】上あごや前の歯が突出している状態で、「出っ歯」と言われるもの。笑ったときに歯ぐきが上の方まで見える場合もこの症状にふくまれることがあります。
お顔の中でも印象的な部分のため、気にする人も多いようです。また日常生活のクセが原因となる場合もあります。
審美的な目的で矯正治療を行い、すっきりとした口元にされる方も多くいます。

原因は?
●乳幼児期の指しゃぶり、舌を前に押し出す癖

長く指しゃぶりをしていた、舌で下の歯を強く押すクセがあるといった幼少期のクセが、前歯を押し出してしまうこともあります。

●あごの大きさと歯のバランスが悪い

もともとあごが小さいために、生えてくる歯がきれいに全部納まらない、またあごの方が大きすぎて、歯と歯の間にすき間ができ、前歯が前に向かって動いてしまうなど、あごの大きさと歯のバランスの悪さは原因のひとつと考えられます。

●かみ合わせやあごの骨のずれ

かみ合わせが悪いままにしていると、あごの骨がずれるため、ゆがみが生じて前歯が出ることもあります。

●日常生活のクセ、慢性的な疾患

生え変わり期を過ぎても頬づえをついたり、悪い姿勢のまま過ごしたりすることで、顔全体の骨格、歯並びにずれが生じて、前歯が出てくることがあります。
また意外と知られていませんが、呼吸器系の疾患から起こる慢性的な鼻づまりによる口呼吸で、いつも口が開いていることで、口元の筋肉が緩むために前歯で出てしまうことに。

どのように治療するの?
●ブラケット+ワイヤー矯正

全体のバランスを調整するためのスペースがない場合は、抜歯をすることもあります。
歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけて、ワイヤーを通し、重なりやすき間を調整していきます。一般的によく知られている矯正方法です。

●マウスピース矯正

透明のマウスピースを使って行う矯正治療です。ワイヤーを使う矯正より、見た目に目立ちにくいため、注目されています。
段階にあわせてマウスピースを歯列にはめ、理想の歯並びに導いていきます。自分で取り外せるので、食事や歯磨きの時のわずらわしさがありません。すべての症例で適用できるとはかぎりません。

●部分矯正

症状によっては、気になる部分だけを部分的に矯正装置を使って整えることが可能です。
移動させる歯と周辺の歯に装置を装着し、歯を真ん中に移動させます。
全体的に矯正装置を着用する場合に比べると治療期間が短く、治療費用も抑えることができます。すべての症状で可能とは限りません。

●舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

歯の裏側に装置を取り付けて歯並びを調整する方法です。上顎突出の場合は、裏側からの矯正がより効果的に前歯をひっぱることが可能です。
場合によっては抜歯が必要ですが、矯正装置が表から見えませんので、とくに前歯を気にしている方には適しています。ただし表側装置に比べて、治療期間が延びる場合と、表側矯正と比べて費用が高くなることがあります。