前歯がかぶさっている

下の歯が前歯がかぶさって見えない【過蓋咬合(かがいこうごう)】

どんな症状?

下の歯が前歯がかぶさって見えない【過蓋咬合(かがいこうごう)】前から見た時に、上の前歯が下の前歯を隠してしまうくらいに深くかみ合っている症状で「ディープバイト」とも呼ばれます。
見た目にはわかりにくいので、本人の自覚がないことも多く、歯科医院で虫歯の治療の時などに指摘されて気づくこともあります。
下の歯が上の歯の歯ぐきにあたって傷ができたり、顎関節症につながったりすることもあります。

原因は?
●骨格と顎関節(がくかんせつ)の異常

おもにはその方の骨格と顎関節のバランスが悪かったり、異常があったりする場合に起こります。
骨格異常の場合、上あごが長い、下あごが小さいことが考えられます。また歯の土台となる骨の発達に関係することもあります。
顎関節の位置も関係します。乳歯だけの時期の過蓋咬合は、すぐに治療はせず、生え変わりとあごの成長を経過観察します。
永久歯が生えそろう前に治療を始めたほうが効果的です。

●歯の異常や欠損

過蓋咬合の場合、上の前歯が目立つので大きく見えますが、上の前歯が伸びすぎて起こる場合もあります。
奥歯を虫歯や歯周病、事故などで失ってしまった場合、奥歯のかみ合わせが変化するため、前歯に影響が出て過蓋咬合になることもあります。

そのままにするとどうなるの?
●顎関節症になることも

上の前歯が下の歯に覆いかぶさっていることで、顎の関節に負担がかかり、スムーズな動きができなくなることで顎関節症につながりやすくなります。
口をスムーズに明けにくい、カクカクするなどの症状が出やすく、最近では小学生の子どもにも症状がある場合も。

●歯ぐきを傷つけたり、炎症を起こすことも

過蓋咬合の場合、前歯が深くかみ合わさりすぎるため、食べ物をかみ切りにくく、とくに麺類などは苦労することもあるでしょう。
症状が進行すると、食べるときに痛みを感じることもあるようです。下の歯が上の前歯の裏にあたることで、歯ぐきを傷つけて、炎症を起こしてしまう場合もあります。

治療はどのようにするの?
●ブラケット+ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットという装置を着け、ワイヤーを通して、全体的に歯並びを調整しながら理想の歯並びへ導いていきます。
過蓋咬合の場合、奥歯が低い位置にあることがポイントです。ワイヤー矯正で奥歯をひっぱりながら高い位置へ導き、前歯が内側に向くように調整していきます。

●舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

歯の裏側に装置を取り付けて歯並びを調整する方法です。装置が全く表に見えませんので、矯正治療中でも安心して口を大きくあけて笑えます。
治療効果は表側の矯正装置とほとんど変わりませんが、適さない症状の場合もあります。表側装置に比べて治療期間が少し延びる場合と料金が高くなることがあります。

●矯正装置+バイトプレート

過蓋咬合でもとくにかみ合わせが深く、ワイヤー矯正だけで改善が難しいと判断した場合、「バイトプレート」という装置を併用して治療を行います。
プラスチックレジンでできたプレート状のものです。バイトプレートを使って、かみ合わせの深さを調整した後に、矯正装置を着けます。

●矯正装置+外科手術

過蓋咬合の中でも、顎関節症の症状が出ている場合、あごのズレが大きく、矯正治療やバイトプレートでも難しいことがあります。
こういった場合は外科手術を行って、あご全体のバランスを調整します。矯正治療で歯をある程度移動させて、外科手術を行い、その後、本格的に矯正装置を使って治療を行う場合が多いです。